プロジェクト

動物の研究を通して見えるすべてのことは、彼らや彼らを取り囲む環境からのメッセージです。

私は、主に繁殖生理学の視点から、動物たちと関わっています。繁殖は、「命をつなぐ、生命の美しい連鎖」です。これはすべての動物に共通に起こります。動物たちは、それぞれに長い年月をかけて環境に適応し、種特有の繁殖形態を進化させてきました。そのため、彼らは安心して子供を残せる環境でなければ繁殖はしません。生息地や飼育環境が変化すると、彼らの繁殖にどのような変化が生まれるのか?
彼らからのメッセージを訳し、人に伝え、未来に生かせるよう、日々研究活動に励んでいます。

 01
雌の繁殖生理モニタリング

排泄物など、動物から非侵襲的に採取できるサンプルから性ステロイドホルモンを抽出し、ホルモン濃度測定による雌の発情および妊娠などのモニタリングを行っています。それにより、自然または人工繁殖の交配適期を予測したり、妊娠および出産時期を診断しています。

02
雄の繁殖生理モニタリング

雄の精子活性を調べ、液状および凍結保存などの長期保存法の確立を行っています。現在は主にオランウータンを対象種として研究し、上記で予測した雌の交配適期の日に人工授精を実施しています。

03
近赤外分光法による繁殖生理モニタリング

通常、繁殖生理のモニタリングに用いられているホルモン濃度測定法(酵素免疫測定法など)は測定に多くの試薬や長時間を要します。飼育下および野生下で迅速かつ簡便にホルモン濃度を測定できるよう、近赤外分光法などを用いて新規モニタリング方法の確立を目指しています

04
環境とホルモン濃度動態との関係

通常、飼育下にある動物は野生環境とは異なる環境下で生活しています。性ステロイドホルモンおよびストレスホルモンなどの濃度動態をモニタリングすることで飼育環境の違いが動物に与える影響を調べています。また、飼育下での研究成果を生かし、野生下においても、生息環境の変化が動物に与える影響を内分泌学的にモニタリングしています。

 

さらなる詳細や他のプロジェクトのご相談については下記にご連絡ください >>

電話

Tel: 075-771-4387

Eメール

kinoshita.kodzue.8v[at]kyoto-u.ac.jp

[at]: @

© 2015 Kodzue KINOSHITA

Wildlife Research Center, Kyoto University.