Achievement

■研究論文

・学術論文

  • Shirasu M, Ito S, Itoigawa A, Hayakawa T, Kinoshita K, Munechika I, Imai H, Touhara K. Key male glandular odorants attracting female ring-tailed lemurs, Current Biology, In press, 2020.

  • Kikuchi DM, Zhumabai K, Sharma K, Soma T, Kinoshita K, Is water an important resource for the snow leopard (Panthera uncia) in periods when terrain is covered with snow? Arctic, Antarctic, and Alpine Research, 52(1) 105-108, 2020.

  • 木下こづえ. 近赤外分光法を用いた動物の簡易かつ迅速な生理モニタリング法の開発について,哺乳類科学,In press, 2020.

  • Kurihara K, Kinoshita K, Shiroishi I, Hanya G, Seasonal Variation in Energy Balance of Wild Japanese Macaques (Macaca fucata yakui) in a Warm-Temperate Forest: A Preliminary Assessment in the Coastal forest of Yakushima, Primates, In press, 2020.

  • Kinoshita K(Corresponding author), Nakamura T, Kimura K, Shimizu M, Kuze N, Ozaki Y. Gynaecological diagnosis by ultrasound and the measurement of urinary sex steroid hormone in female orangutans (Pongo spp.), Veterinary Medicine and Science, In press, 2020.

  • 冨澤奏子, 伴 和幸, 木下こづえ, 木下さとみ, Kubanychbek Jumabay uulu, 椎原春一.小さな動物園による野生下での研究への貢献:ユキヒョウの保全研究への協力を例として.ヒマラヤ学誌,In press, 2020.

  • 木下こづえ. 排泄物中のホルモンから動物をとりまく環境を知る,ヒトと動物の関係学会誌,54, p.p. 13-16,2019.

  • Takeshita RSC, Huffman MA, Kinoshita K, Bercovitch FB. Changes in social behaviour and faecal glucocorticoids in a Japanese macaque (Macaca fuscata) carrying her dead infant, Primates, 61(1) 35-40, 2019.

  • 木下こづえ. 霊長類におけるホルモン分析の現在, 霊長類研究, 34(1), pp. 5−15, 2018.

  • Fukuda T, Eitsuka T, Donai K, Kurita M, Saito T, Okamoto H, Kinoshita K, Katayama M, Nitto H, Uchida T, Onuma M, Sone H, Inoue-Murayama M, Kiyono T. Expression of human mutant cyclin dependent kinase 4, Cyclin D and telomerase extends the life span but does not immortalize fibroblasts derived from loggerhead sea turtle (Caretta caretta), Scientific Reports 8 (1) : 9229,2018.

  • Takeshita RSC, Bercovitch FB, Kinoshita K, Huffman MA. Beneficial effect of hot spring bathing on stress levels in Japanese macaques, Primates, 59(3), pp. 215−225, 2018.

  • Takeshita RSC, Huffman MA, Bercovitch FB, Kinoshita K. Development and validation of an enzyme immunoassay for fecal dehydroepiandrosterone-sulfate (fDHEAS) in Japanese macaques (Macaca fuscata), International Journal of Primatology, in print, 2018.

  • Takeshita RSC, Huffman MA, Kinoshita K, Bercovitch FB. Effect of castration on social behavior and hormones in male Japanese macaques (Macaca fuscata), Physiology & Behavior, 181, pp. 43-50 2017.

  • 木下こづえ, 菊地デイル万次郎. モンゴルおよびインドにおける人とユキヒョウの軋轢について, ヒマラヤ学誌, 18, pp. 65-71, 2017.

  • Kinoshita K (Corresponding author), Sano Y, Takai A, Shimizu M, Kobayashi T, Ouchi A, Kuze N, Inoue-Murayama M, Idani G, Okamoto M, Ozaki Y. Urinary sex steroid hormone and placental leucine aminopeptidase concentration differences between live births and stillbirth of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus), Journal of Medical Primatology, 46(1), pp. 3-8, 2017.

  • Mendonça RS, Takeshita RSC, Kanamori T, Kuze N, Hayashi M, Kinoshita K, Bernard H, Matsuzawa T. Behavioral and physiological changes in a juvenile Bornean orangutan after a wildlife rescue. Global Ecology and Conservation, 8, pp. 116-122, 2016.

  • Vance CK, Tolleson DR, Kinoshita K, Rodriguez J, Foley WJ. Near infrared spectroscopy in wildlife and biodiversity, Journal of Near Infrared Spectroscopy, 24, pp. 1-25, 2016.

  • Yamanashi Y, Teramoto M, Morimura N, Hirata S, Suzuki J, Hayashi M, Kinoshita K, Murayama M, Idani G. Analysis of hair cortisol levels in captive chimpanzees: Effect of various methods on cortisol stability and variability, MethodsX, 3, pp. 110-117, 2016.

  • Kinoshita K(Corresponding author), Kuze N, Kobayashi T, Miyakawa E, Narita H, Inoue-Murayama M, Idani G, Tsenkova R. Detection of urinary estrogen conjugates and creatinine using near infrared spectroscopy in Bornean Orangutans (Pongo Pygmaeus), Primates, 57, pp. 51-59, 2016.

  • Kinoshita K, Tsenkova R. Near infrared spectra of body fluids reveal the relationship between water spectral pattern and the oestrous cycle, NIR news, 26 (5), pp. 4-5, 2015.

  • 木下こづえ. ブータン南部ロイヤル・マナス国立公園の訪問を終えて―希少ネコ科動物の保全の現状について―, ヒマラヤ学誌, 16, pp. 73−79, 2015.

  • Takenaka A, Kashiwagi N, Maezono Y, Nakao T, Uwano Y, Kakizoe Y, Kinoshita K, Kusunoki H, Hoshi N. Study on the ejaculate characteristics and liquid storage of semen in the common bottlenose dolphin (Tursiops truncatus), Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine,18(3), pp.107-114, 2013.

  • Fukuda T, Katayama M, Kinoshita K, Kasugai T, Okamoto H, Kobayashi K, Kurita M, Soichi M, Donai K, Uchida T, Onuma M, Sone H, Isogai E, Inoue-Murayama M. Primary fibroblast cultures and karyotype analysis for the olive ridley sea turtle (Lepidochelys olivacea), In Vitro Cellular and Developmental Biology –Animal–, 50(5), pp.381-383, 2013.

  • Kinoshita K (Corresponding author), Kiwata M, Kuwano R, Sato N, Tanaka T, Nagata M, Taira H, Kusunoki H. Temporal association of serum progesterone concentrations and vaginal cytology in walruses (Odobenus rosmarus), Theriogenology, 77(5), pp.933−939, 2012.

  • Kinoshita K, Miyazaki M, Morita H, Vassileva M, Tang C, Li D, Ishikawa O, Kusunoki H, Tsenkova R. Spectral pattern of urinary water as a biomarker of estrus in the giant panda, Scientific Reports, 2, srep00856, 2012.

  • Kinoshita K, Ohazama M, Ishida R, Kusunoki H. Daily fecal sex steroid hormonal changes and mating success in captive female cheetahs (Acinonyx jubatus) in Japan, Animal Reproduction Science, 125(1), pp.204−210, 2011.

  • Kinoshita K, Inada S, Seki K, Sasaki A, Hama N, Kusunoki H. Long-term monitoring of fecal steroid hormones in female snow leopards (Panthera uncia) during pregnancy or pseudopregnancy, PLoS ONE, e19314, 2011.

  • 米田一裕, 木下こづえ, 林 輝昭, 伊藤 修, 大峡 芽, 奥田和男, 川上茂久, 谷口 敦, 奥田龍太, 石川達也, 佐藤 梓, 池辺祐介, 只野 亮, 都築政起, 国枝哲夫, 楠 比呂志. 我が国の飼育環境下にあるチーター(Acinonyx jubatus)集団における遺伝的多様性と血縁関係の解析, 日本畜産学会報, 81(2), pp.133−141, 2010.

  • Kinoshita K, Morita H, Miyazaki M, Hama N, Kanemitsu H, Kawakami H, Wang P, Ishikawa O, Kusunoki H, Tsenkova R. Near infrared spectroscopy of urine proves useful for estimating ovulation in giant panda (Ailuropoda melanoleuca), Analytical Methods, 2(11), pp.1671−1675, 2010.

  • Kinoshita K, Inada S, Aramaki Y, Seki K, Ashida M, Hama N, Ohazama M, Kusunoki H. Relationship between sexual behaviors and fecal estrogen levels in a female snow leopard (Uncia uncia) and a female cheetah (Acinonyx jubatus) under captivity, Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine, 14(1), pp.59−66, 2009.

・国際会議プロシーディングス

  • Matsuo Y, Ichikawa K, Kinoshita K, Arai N. Measurement of fecal progesterone in female dugongs (Dugong dugon), Proceeding of The 1st Design Symposium on Conservation of Ecosystem (SEASTAR2000), 2, pp. 55−58, 2014年3月.

  • Kinoshita K, Morita H, Miyazaki M, Hama N, Ishikawa O, Kusunoki H, Tsenkova R.  Near-infrared spectroscopy to monitor the timing of ovulation in Giant Panda (Ailuropoda melanoleuca) based on urinary steroid hormones, Proceedings of the 14th International Conference on Near Infrared Spectroscopy, pp.639−644, 2009年11月.

・研究会、シンポジウム資料など

  • 木下こづえ. 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の出向を終えて, Zoo and Wildlife News, 44, pp. 7−9, 2017年6月.

  • 木下こづえ. 野生動物におけるホルモン分析-できること・わかること-, 日本人類学会進化人類学分科会ニュースレター, pp. 7−10, 2016年9月.

  • 楠 比呂志, 木下こづえ, 佐々木春菜, 荒蒔祐輔. 我が国における動物園・水族館での保全繁殖共同研究, 日本野生動物医学会誌, 14(1), pp.37−50, 2009.

  • 木下こづえ, 太田宜伯, 堀井康行, 荒蒔祐輔, 佐々木春菜, 楠 比呂志, 下川英子, 浜 夏樹, 石川 理. 神戸市立王子動物園動物ミニレクチャー ~共同研究者による園内広報活動の意義~, 第48回日本動物園水族館教育研究会誌, pp.48−51, 2008年10月.

・学位論文

  • Kinoshita K, Monitoring Methods of Estrus in Threatened Carnivores, Doctoral Dissertation, Kobe University, 2011年7月.

■出版物

  • 木下こづえ.ホルモンから動物の<こころ>を知る.木下こづえ、杉浦秀樹、村山美穂、松島慶(編著):野生動物:追いかけて、見つめて知りたい キミのこと.京都通信社(京都)pp. 26-27, 2018. (共著)

  • 木下こづえ.野生下で生きる“幻の動物”ユキヒョウのいま.Habataki「動物を語る」欄,神戸市立王子動物園,2018年1月発行.

  • 木下こづえ.ユネスコエコパークを知っていますか?.モンキー2(2),pp. 40−41,2017年9月発行.

  • 木下こづえ.孤高の王者・野生のユキヒョウに会う.モンキー1(2),pp. 42−43,2016年9月発行.

  • 木下こづえ.研究で動物園の動物と野生動物をつなぐ.どうぶつと動物園平成27年秋号,東京動物園協会,2015年10月1日発行.

  • 木下こづえ.幻のユキヒョウの姿をキャッチ!.月刊なごや4月号「随想」欄,北白川書房,2015年4月1日発行.

  • 木下こづえ.①雪山に生きるユキヒョウ.『おいでやす!野生動物の研究室』,朝日学生新聞社,2014年4月1日発行.

  • 木下こづえ. 種の保存を目的として動物の繁殖にヒトが手を貸す時代-セイウチの性ホルモン分析と腟細胞診-.『海は百面相』(京都大学総合博物館企画展「海」実行委員会編), 京都通信社, pp. 185-187, 2013 分担執筆.

 

 

■受賞

  • Poster award:○Sharma PS, Yoneda H, Kinoshita K. The tail-tale of stress: an exploratory study to assess hair cortisol in Asian elephants, The 7th International Society of Wildlife Endocrinology Conference, Kruger National Park, October, 2019.

  • 2018年度日本野生動物医学会奨励賞:生息域内外における保全繁殖学研究

  • ベストプレゼンテーション賞:○宮川悦子,柴田枝梨,矢口 茜,木下こづえ. 飼育下コアラ(Phasocolarctos cinereus)における尿中ステロイドホルモン濃度測定による生理評価,第66回飼育技術者研究会,帯広,2018年9月.

  • Primates Social Impact Award: Takeshita RSC, Bercovitch FB, Kinoshita K, Huffman MA. Beneficial effect of hot spring bathing on stress levels in Japanese macaques, Primates, 59, pp. 215-225, 2018.

  • 乾燥地科学共同研究発表賞:○木下こづえ,菊地デイル万次郎,玉村友朗,中山哲男,秋山多江,伊藤健彦,モンゴルにおける野生ユキヒョウ(Panthera uncia)の繁殖場所および時期推定のための糞中ホルモン濃度測定,平成29年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会,P-27,鳥取,2017年12月.

  • 優秀ポスター発表賞受賞:○木下こづえ,奥村文彦,星野智紀,廣澤麻里,中尾汐莉,坂口真悟,綿貫宏史朗,岡部直樹,木村直人,伊谷原一,市野悦子,高島友子,林 美里,岡本宗裕,飼育下チンパンジー(Pan troglodytes)における出産後の性皮腫脹と性ステロイドホルモン濃度動態について,第60回プリマーテス研究会,P-20,犬山,2016年1月.

  • NIR Advance Award受賞:○木下こづえ,近赤外分光法を用いた野生動物の生理モニタリング技術の開発,第30回記念近赤外フォーラム,つくば,2014年11月.

  • ベストプレゼンテーション賞:○木下こづえ,高井 昭,佐野祐介,山本裕己,松永雅之,伊藤二三夫,竹田正志,穴見浩志,尾崎康彦,井上-村山美穂,伊谷原一,オランウータン(Pongo pygmaeus)およびチンパンジー(Pan troglodytes)における正常出産および死産時の尿中ホルモン濃度動態の検討,第19回日本野生動物医学会大会講演要旨集,p. 76,京都,2013年8月.

  • 2011年度 神戸大学農学部同窓会・六篠奨励賞受賞.

  • 優秀ポスター賞受賞:○Kinoshita K, Morita H, Miyazaki M, Hama N, Ishikawa O, Kusunoki H, Tsenkova R, Near-infrared spectroscopy to monitor the timing of ovulation in Giant Panda (Ailuropoda melanoleuca) based on urinary steroid hormones, Workshop on Information, Nano and Photonics Technology 2009, P-12, Kobe, 2009年12月.

 

 

■講演・シンポジウムなど

  • 木下こづえ,世界でいちばん高いところに暮らすネコ:ユキヒョウ,京都市動物園「夜の図書館カフェDEトーク」,京都,2020年2月

  • 木下こづえ,ユキヒョウの講演会,熊本市動植物園,熊本,2019年3月.

  • 木下こづえ,シンポジウム「若手研究者が描く“人と動物の関係学”の未来と展望」において講演, 排泄物中のホルモンから動物をとりまく環境を知る,第25回ヒト動物の関係学会,横浜,2019年3月.

  • 木下こづえ,繁殖~命をつなぐ、生命の美しい連鎖~,西宮市立西宮高校松柏講座,西宮,2019年1月.

  • 木下こづえ,排泄物から動物の“こころ”を知りたい:動物園動物から野生動物まで,関西実験動物研究会第140回研究会,京都,2018年12月.

  • 木下こづえ,近赤外分光法を用いた野生動物の排泄物中成分モニタリング,ブルカージャパン企業セミナー,大阪・東京,2018年11月.

  • 木下こづえ,木下さとみ,スピカがつなぐ動物園と野生動物の「足あとプロジェクト」,大牟田市動物園,2018年10月.

  • 木下こづえ,動物の博士,トキドキドキドキアカデミー第一回,渋谷,2018年6月.

  • 木下こづえ,糞からユキヒョウの“こころ”を知る,ユキヒョウシンポジウム2018野生からの出張セミナー,神戸,2018年3月.

  • 木下こづえ,動物を取りまく環境をホルモンからみる,東京フォーラム2017フィールドとラボと社会をつなぐ野生動物研究,江東区,2017年10月.

  • 木下こづえ,雪山・岩山の王者ユキヒョウ:世界で最も高いところに暮らす彼らの魅力にせまる,神戸市立王子動物園動物科学資料館30周年特別展「動物たちからのメッセージ」関連講演会,神戸,2017年9月.

  • 木下こづえ,ホルモン分析‐できること・わかること‐,第34回コアラ計画推進会議,神戸,2017年7月.

  • 木下こづえ,動物園と野生動物のつながり―研究者にできる橋渡し―,東北大学第3回川内茶会セミナー,仙台,2017年6月.

  • 木下こづえ,Urinary sex steroid hormone and placental leucine aminopeptidase concentration differences between live and stillbirths of Bornean orangutans (Pongo pygmaeus),第6回オランウータン倶楽部講演会,旭川,2017年6月.

  • 木下こづえ,世界で最も高いところに暮らすネコ科動物・ユキヒョウの魅力,京都市動物園「夜の図書館カフェDEトーク」,京都,2017年5月.

  • 木下こづえ,ユキヒョウのおはなし会,大牟田,2017年4月.

  • 木下こづえ,ユネスコのエコパークを知っていますか?霊長類がくらす日本と世界のエコパークについて,第33回京大モンキー日曜サロン,犬山,2017年3月.

  • 木下こづえ,ユキヒョウのおはなし会,大牟田,2017年4月.

  • 木下こづえ,雪山の王者、ユキヒョウの謎に迫る―動物園から野生まで―,東山動植物園動物講演会,名古屋,2016年10月.

  • Kinoshita K, Reproductive monitoring of captive Bornean orangutans (Pongo pugmaeus) in Japanese zoos, 2016 Wildlife Medicine Clinical Technique Training Course, Kota Kinabalu September, 2016.

  • 木下こづえ,ユキヒョウのおはなし,大牟田市動物園スピカのお誕生日会,大牟田,2016年6月.

  • 木下こづえ,希少種の保全繁殖研究について,第131回システム自然科学研究科セミナー,第41回生物多様性研究センターセミナー,名古屋,2016年3月.

  • 木下こづえ,オランウータン(Pongo sp.)の繁殖生理に関する研究について,第5回オランウータン倶楽部講演会,名古屋,2016年2月.

  • 木下こづえ,モンゴルにおける調査,ユキヒョウシンポジウム―動物園から野生まで―,横浜,2015年10月.

  • 木下こづえ,動物園水族館と研究者で培う動物学研究-希少種における飼育下での保全繁殖研究を例に-,第62回日本実験動物学会総会講演要旨集(シンポジウム「動物園でのサイエンス」,p. 91),京都,2015年5月.

  • 木下こづえ, 研究で動物園の動物と野生動物をつなぐ,東京都多摩動物公園ネコ展講演会,日野,2015年5月.

  • 木下こづえ,糞中・血中性ステロイドホルモンを用いた鰭脚類の繁殖モニタリング,2014年度勇魚会シンポジウムin京都,p.12,京都,2014年11月.

  • 木下こづえ, 近赤外分光法を用いた野生動物の生理モニタリング技術の開発,第30回記念近赤外フォーラム「NIR Advance Award受賞講演」,つくば,2014年11月.

  • 木下こづえ, 動物園での動物の赤ちゃんづくり,第6回京大モンキー日曜サロン,犬山,2014年9月.

  • 木下こづえ,動物園の飼育個体の排泄物を用いた野生で応用可能な種同定モデルの構築について,日本哺乳類学会2014年度大会プログラム・講演要旨集(シンポジウム「動物園・水族館での哺乳類研究」,p. 45),京都,2014年9月.

  • Kinoshita K, Kuze K, Urinary near infrared spectroscopy to discriminate physiological status in bornean orangutans (Pongo Pygmaeus), The 25th Congress of the International Primatological Society (Symposium “RESEARCH AND CONSERVATION OF ORANGUTANS (PONGO SP.) IN MALAYSIA” , #54), Hanoi, August 2014.

  • 木下こづえ, 近赤外分光法を用いた希少哺乳類の繁殖生理研究, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年合同大会プログラム講演要旨集(ミニシンポジウム「希少哺乳類の繁殖に関する共同研究の実践を目指して~動物園・実験室・野生をつなぐ~」, p. 37), 岡山, 2013年9月.

  • 木下こづえ, 動物園・水族館における雌の発情モニタリング法について,第32回東山動植物園ワークショップ,名古屋,2013年4月.

  • 木下こづえ, 動物園・水族館での動物の繁殖ついて,JST女子中高生の理系進路選択支援プログラム「女子ワイルドライフ・サイエンティスト養成講座」,京都,2013年5月.

  • 木下こづえ, 動物園水族館での保全繁殖研究, 第14回日本野生動物医学会大会講演要旨集(シンポジウム「研究する動物園」, pp. 28−32), 神戸, 2008年9月.

■マスコミ・記事

  • 中日新聞,「ユキヒョウ撮影に成功」, 2014年12月29日市民欄および2015年1月10日近郊欄発行.

  • ディズニーネイチャー/ボーン・イン・チャイナ - パンダ・ユキヒョウ・キンシコウ -映画 日本語ナレーション監修, 2018年5月23日発売.

 

 

■各種学会など

  • 2016年4月~現在:日本野生動物医学会 副理事

  • 2016年6月~現在:日本オランウータン・リサーチセンター 監事

  • 2013年1月~現在:ツインズトラスト(まもろうPROJECTユキヒョウ)理事長

  • 2017年7月~2019:日本霊長類学会 渉外幹事

 

 

■アウトリーチ活動

  • 2018年3月:シンポジウム「野生からの出張セミナー」企画(神戸市立王子動物園)

  • 2015年10月~12月:クラウドファンディングにてインドにおけるユキヒョウ保全活動実施

  • 2015年10月:シンポジウム「ユキヒョウシンポジウム‐動物園から野生まで‐」企画(東京都市大学)

  • 2013年5月~7月:クラウドファンディングにてモンゴルにおけるユキヒョウ保全活動実施

 

 

電話

Tel: 075-771-4387

Eメール

kinoshita.kodzue.8v[at]kyoto-u.ac.jp

[at]: @

© 2015 Kodzue KINOSHITA

Wildlife Research Center, Kyoto University.